組合概要

アユモドキの里 保津町

保津町は、京都府亀岡市の東部に位置し、亀岡から京都嵐山までの約16キロメートルの渓流を下る「保津川下り」の出発点。また、保津川流域は、全国でも2カ所しか生息が確認されていない国の天然記念物「アユモドキ」が生息していることでも知られています。

アユモドキ

アユモドキ

コスモス

コスモス

農事組合法人ほづは、農地面積130ヘクタールを有する農業法人で、保津川がもたらす肥沃な土壌で水稲、麦、大豆、野菜などの営農を行っています。


農事組合法人ほづ
  代表理事酒井 省五(サカイ ショウゴ)
  所在地京都府亀岡市保津町構の内53
  TEL0771-22-4135
  設立年月日平成17年6月
  組合員数333名
  資本金7764千円
  決算月3月
  取引銀行JA京都、日本政策金融公庫、京都信用金庫
  事業内容米・麦・大豆・野菜の生産販売


法人形態

  農事組合法人2号法人 認定農業者
  倉庫 499.88㎡
  土地 3744.09㎡

組合員数

  333戸 理事7名 監事1名 職員5名 オペレーター20人

集積農用地

  50ha余 部分受託 8ha余

京都府亀岡市保津町の農地 農家 人口

  農地面積 約130ha
  保津川右岸50ha・左岸70ha・居住地内10ha
  ほ場整備田70ha 左岸
  戸数 539戸 1673人 農家戸数 349戸
組織

沿革

  昭和55年  5月農業振興協議会設立 保津町とも保証制度
  昭和58年  4月農家組合設立(8集落で)
  平成14~16年「農業育成の新農場づくり」事業に併せて取り組み
  平成15年町内農家を対象とした「営農・担い手・将来の農業意向」アンケート調査実施
  平成16年  4月法人設立準備委員会
  平成16年  5月「法人設立準備委員会」の設立
  平成17年  6月農事組合法人ほづ設立(5月設立総会)
  平成18年  7月認定農業者(平成23年7月まで)
  平成19年 9月米の検査機関
  平成19年 11月カーボンマイナスプロジェクト取組み
  平成21年 6月飼料用米取組み
  平成23年 2月米の色彩選別機
  平成26年 10月飼料用米検査
  平成27年 10月農地中間管理事業(2.5ha)
水稲
保津のひかり 7.2ha
コシヒカリ  5.0ha
日本     5.0ha
その他    3.7ha
飼料用米
11.5ha
営農団地
ほづネギ
作業受託
8.0ha
二条大麦
4.0ha
大豆
4.0ha
小麦4.0ha 地域再生プロジェクト予定